プロバイダー解約の注意点とは

インターネットを利用していくと、次第にネット環境が理解できてくると思います。
当初はキャリア???プロバイダー???という程度の認識だったのが、次第にどのプロバイダーが安いか?安定しているか?お得なキャンペーンを行っているかなどが分かってきたのではないでしょうか?そうなると現在利用している環境と比べてしまいますね。
回線業者とプロバイダーが別契約の場合は、回線業者を維持したままでプロバイダーを換えることが可能です。
例えば、フレッツ光(NTT)とOCNで契約している場合、フレッツ光は継続してOCNをBIGLOBEに変更するということです。
しかし、フレッツ光の場合、「フレッツ光with○○○」というような、プロバイダー料金とキャリア料金が一緒に請求される場合には、個別契約ではないこともありますので契約形態の確認が必要です。